人生終わってるところから始めてみる

長年ひきこもりのアラフイフ女が2019年春からパートを始めました。

73キロ 凹むけれど

パートでミスが多く凹みます。色々考えてたら朝になってたなんて感じで絶賛寝不足です。

でも今はとにかく少しでもミスを減らせるように頑張りたいと思ってます。

とにかくまだ試用期間。

このままだとせっかく受かったパートも契約更新してもらえないかもしれないので全力で頑張ります。

人間関係は休憩時間もないので挨拶程度で仕事が終わるので気を使わなくて助かります。

やはりひきこもりからの復帰には最初は出来るだけ他人とのコミュニケーションが少なくて済む短時間勤務のバイトがいいと実感してます。

そういえば働き始めてから、普段から優しい父がさらに優しいです。自分の仕事が休みの日は職場まで送り迎えしてくれるという有様で。

うーん、アラフィフ女が親に送り迎えなんてしてもらうってなかなかしんどい図じゃないですか。

うん、やはり断ろう。ごめんなさい、お父さん!