人生終わってるところから始めてみる

長年ひきこもりのアラフイフ女が2019年春からパートを始めました。

72キロ ひきこもりでもお金は必要で。

ひきこもっていてもお金は必要です。

お金が全くないとひきこもりから逃げ出そうと足掻くことすら出来ないだけでなく、現状を変えようという気力も湧かないはずです。

働かないくせに金が欲しいのか!というお叱りは承知の上です。でもその通りなんです。

働いてないけれどお金は必要です。

毎月どのくらいお金が必要か、自分の例を挙げてみます。あくまで必要なお小遣いという概念なので食費や生活必需品、健康保険料その他税金などを0円と考えます。

 

まず車のガソリン代と携帯代で1万円。

散髪、衣服、化粧品、その他などで1万円。そして交際費、娯楽費が最低1万。

最低でも3万円必要です。

年間だと36万円ですが、自分の場合だと年間50万円くらいの金額を使っています。

引きこもってから何年もずっとです。

生産しないのに消費だけはするというのはブログ

を書いていて我ながら情けなくなります。

でもこのお金がもし無ければ家から出られないし、友人達と買い物や遠出も出来ない。身だしなみは荒れて、どんどん心は荒み、いずれ我が身の存在が辛すぎてそれを反芻しようとする思考が鈍くなり表情も消えるでしょう。毎日部屋で動画を見るか、昔買ったゲームをやるくらいしかする事もない。

そうなったら現状を変えようという気力なんて湧かないはずです。生々しい話ですが引きこもりでもやはりお金は必要なんです。

 

けれど毎年50万円を全て自分の貯金から出せるのかというとそれは到底無理な話です。※月に1万円くらいだけ自分の蓄えから負担してます。

それをわかって父は家計の全てを私に一任してくれているのかもしれません。

 

ひきこもりでも人間らしい生活と穏やかな時間を与えてくれている父に心から感謝しながら、今日も友人と一緒にハローワークに行って参ります!!!