人生終わってるところから始めてみる

長年ひきこもりのアラフイフ女が2019年春からパートを始めました。

71.8キロ バイトに応募。

雪が降らない地方が羨ましいのはいつものことですが、本当に毎日寒いです。窓が凍って春まで開かないいつものやつです。

そしてデブでも寒いものは寒いものです。

さて早速ですが、スーパーのオープニングスタッフ募集の面接申し込みの電話をしました。

来週の水曜にはまた面接です!

なので朝から履歴書を書いたりしてました。

面接用の服はしっかり準備してあるのであとは来週までは特にインフルエンザとかに気をつけてすごさなきゃと思います。

ひきこもり生活をアラフィフまで続けると、バイトやパートを探すのも普通の人の何倍も大変だというのを常に心に刻んで、でも決して挫けず、卑屈にならず、自分にいま出来ることをやろうと思います。

それにしても職歴の空白が長いとつらいもんですね。