人生終わってるところから始めてみる

長年ひきこもりのアラフイフ女が2019年春からパートを始めました。

本日2回目の更新です

さきほど面接が終わりました。

長年ひきこもりの私がほんのすこしだけ歩み始めたんです。

まだ緊張状態が解けないので、気分転換に今日は二回ブログの更新をします!

 

面接人数は総勢15名。採用は1人。職種は人気の事務です。

とにかくズラッと並んでる人の多さに緊張しっぱなしでした。みんなやはりビシっとした服装できちんとしていて眩しかったです。

年齢層は10名くらいは同年代にみえました。アラフィフで職を探すのは別に珍しくないんだとひとまず安堵しました。

会場に早めに到着していた私はかなり最初のほうに面接が始まりました。面接が並ぶなか色々な質問に必死に答えるましたが、途中緊張で言葉遣いは滅茶苦茶になり、さらに頭が真っ白でどう答えたらいいのかわからなくなったりで結果はこれ以上ないくらいボロボロでした。

あと面接官の一人がとても怖い雰囲気で終始いたたまれなかったです。

面接官は男性3名。そのうち2名は30代くらい。顔も悪くないのでこういうタイプは特にブタおばさんは目障りだろうなぁとしみじみ思いました。

圧にめげずに笑顔で乗り切った自分を今日だけは褒めてあげたいと思います。

 

面接結果は後日ですが、まぁ、うん。言わずもがなですね。ひきこもりがこの競争率に挑んできただけでも凄いと前向きに考えてます。

でもね、これをきっかけになんだか次の面接は今日より緊張しないでいけそうな気がするんです。

何故かわかりませんが漠然とそう心の底から思えるんです。

やはり慣れはあるんだと思います。

だから今日は逃げ出さないで面接に行って本当に良かったです。ボロボロだった話を友人や家族に聞いてもらって、めげずに次に挑みます!

 

面接から帰宅したらポストに春にオープンするスーパーのオープニングスタッフ募集のチラシを見つけました。

これ、すごく気になるので近日中に電話をしてみようと思います。

 

目指せアラフィフ女の脱ひきこもり!!