人生終わってるところから始めてみる

長年ひきこもりのアラフイフ女が2019年春からパートを始めました。

72.2キロ 自分を変えたい

ひきこもりの日々は毎日スローペースです。

なにに縛られることなく、自分のやりたいことだけやって1日が終わる。

当たり前の話だけれどこれ以上楽なこともないわけで。おまけにうちに至っては、ある程度ならお金を自由に使ってもいいし、出かけたいときは好きなところに行ける。加えて家族が甘いから精神的に追い詰められてはいないわけです。

でもね、家族だっていつまでも元気なわけじゃないし、このままじゃ人生詰むわけです。

詰むとわかっていて呑気にアニメ見て1日終わったらいけないよね。

来週から始まる面接。

本当に考えるだけで足がすくみます。

案ずるより産むがなんとかだと必死に自分に言い聞かせる日々です。

とにかくこれから始まる面接の日々に対応できるように服と靴を用意しました。

洋服は友達が安い洋服屋に連れていってくれました。そのあともなんだかんだ丸2日くらい付き合ってくれました。本当に友達って有難い。

周りの人をもっと大切にできる人間になりたいなぁ