人生終わってるところから始めてみる

ひきこもりアラフォーオタク女の足掻き。

71.2キロ喉が痛い

ブログはサボり気味ですが、相変わらずエアロバイクダラダラこいでます。

最近大好きな親類の方が認知症だと知り、かなり遠方ですがすぐに会いに行きました。しかしもう症状は相当進行していてまともに会話もできませんでした。昔の面影は無くてショックでしたが、それよりも身の回りの介護をする親戚の疲労困憊具合が気になります。あれじゃあ共倒れになってしまいそうです。

こんな時になんの援助も出来ない自分が情けないです。生きることは人の役に立って、人と繋がっていくことだと考える自分は、己自身の立場が辛いです。

どうしたら私は変われるのかな。

もう何年もひきこもりを脱出したいと願っているのにね。

優しい友人、家族は私を見守ってくれているけれどそこに胡座をかいちゃいけない。