人生終わってるところから始めてみる

長年ひきこもりのアラフイフ女が2019年春からパートを始めました。

71.4キロ 母の回顧と後悔と

私の母は乳癌がきっかけでそれが全身に転移して亡くなりました。最初に乳癌の手術を終えた時は腫瘍も念のために大きめに切除したので、もう大丈夫だろうと思っていました。3年くらい経過してから今度は肺ガンが発覚しました。とりあえずすぐに切除して腫瘍を調べたところ、以前手術した乳癌の転移だったとわかりました。退院後は通院しながら抗がん剤治療を始めましたが、多少の副作用はあったものの母は元気に過ごしていました。

ただ癌はその感もじわじわと転移が確認できました。リンパ節に転移が認められたと聞いた時は手術も出来ないため、ショックを受けたのを覚えています。

それでも本人は比較的元気に毎日を送っていました。

 

異変が起きたのはリンパ節に転移が認められてから1年くらい経過したある日、母の腰痛が酷くなり動くたびに激痛が襲うようになりました。

 

あまりの激痛に急遽病院で検査してもらうと腰の神経の横に腫瘍が確認できました。この腫瘍が手術で取り除けるかは背骨に針を刺し、髄液を抜く検査をしないとわからないといわれ、母は検査を希望しました。でも母にとってはこの髄液を抜いた検査の日が最後に自力で歩いた日になりました。

髄液を抜いたあとは一層腰の痛みがひどく、動くことが辛いのでほとんど寝たきりで突然介護が必要な生活になりました。

検査の前日までは腰が痛いながらも自力で歩けていたので本当にショックでした。

検査の結果は癌の転移からの腫瘍でした。手術をしたとしても高齢のためかなり身体への負担が大きくなると言われました。それでも母は手術を希望したので病院を転院することになりました。

ただこの寝たきりになった日を境に、母の容態が崖を下るように日毎に悪化し、とても手術できるような状態ではありませんでした。

ご飯が食べられない、身体はむくみ、痛み止めなどの点滴の副作用からせん妄も現れました。

 

せん妄やむくみが現れてから2ヶ月後、母は病院で息を引き取りました。

亡くなる前日はせん妄も無く、ふつうに会話は出来ましたし、ご飯の量も増えたので少しホッとしていたのですが、何というかあっという間でした。

 

今にして思うのは、手術ができなくていいから骨髄の髄液を抜く検査を希望せず、痛みながらも自力で歩く生活をもう少しだけさせてあげたかったなぁということです。

もちろん手術で腫瘍を切除して元気になれる人は絶対に受けたほうがいい検査です。

でも母の場合は全身に癌の転移があるというのはわかっていたわけですし、無理に検査をしなくても良かったと思っています。

医師から強制されたわけではなく、あくまでも提案という形だったのも納得です。

ただ家族はみんなで本人の意思を尊重するという方針で支えてきたので、検査を止めようなんて微塵も思ってなかったのも事実です。

 

いまさら後悔先に立たずですね。

 

でもきっとこの後悔が消えることはないんだろうなぁ。

 

71.6キロ 緊張すると汗がひどくて。

太っていることもありますが、私は緊張するととにかく汗がひどくてしんどいです。落ち着いてくると汗も収まるのでとにかく仕事中は緊張しないようにリラックスを心がけています。

忙しくてミスしてしまったあとなんて特に緊張してしまうのでそんな局面でもなるべく慌てないように、そんなときだからこそゆっくり、丁寧にですね。

とはいえこれからの夏の暑さからの汗はどうにもなりませんが。

 

 

71.8キロ 老後

引きこもってる期間が長いと体力も落ちているのでパートを始める前に決めていたのは週3日以上はシフトを入れないということです。

たまに週5で出たりもしてますが、基本的には週3日だけ働いてます。

この働き方は身体も精神も楽なので暫くはこの日数でパートを続けたいと思います。

デメリットは自分が自立できるほどの収入を得られるわけではないというところですが、ひきこもりだった頃に比べたら収入があるだけで御の字です。

 

老後のことを考えると不安はたしかにありますが、老後の不安を解消出来るのはお金と健康維持。これしかないですもん。お金は20年後に私がいくら貯金出来てるかはわからないのですが、私のことだから数百万程度かなと思います。これじゃ働けなくなったらすぐに破綻ですね。 

そんな話を20年来の親友にしたら、行くとこもお金もなくなったら私んとこ来なよって言ってくれました。同じアラフィフで独身の彼女は随分前から一人で生きていくと決めていてしっかりした女性です。

あんたと二人で食べて生きてくくらいならなんとかできるから!って。

すごく彼女の気持ちが嬉しかったです。

 

71.8キロ 出勤してこない同僚

ブログで書いた仕事中に泣いてしまった同僚があれから出勤してきてません。お休みの連絡はあるのでバックれとかではないのですが、やはりとても心配してます。私自身、心が強いほうではないので仕事でお客さんを怒らせてしまったら沈みますし、仕事に行きたくなくなる気持ちは理解できます。

だから少し長めに休んでもいいのでまた元気に出勤してきてほしいです。

 

72.4キロ うーん山あり谷あり

昨日パート先で今までにないくらいの大きなトラブルがありました。自分ともう一人同じ時間帯にいたパートさんがお客さんに怒鳴られて大号泣。社員も平謝り。店内の空気は凍りついて非常に辛い時間だけが流れていました。

帰宅してからもずっと嫌な光景が頭から張り付いて離れません。自分が叱られても凹みますが、同じ仕事をする仲間が叱られるのは同じくらい辛いです。

私にもっと器用さや周囲への気配り力があればフォローしてあげられたかもしれないです。泣いている同僚になんて声をかけたらいいかもわからないので落ち着くまでは彼女の分まで仕事をするくらいしかできませんでした。

彼女は帰宅してからきちんと眠れたかなとか、次の出勤が憂鬱なんだろうなとか、色々勘繰ってしまいます。

私はまだ自分のことだけで精一杯ですが、それでも少しずつ周りに気配りができるように頑張ります。

 

と、言いつつも、来月からシフトの日数を増やして欲しいという打診はお断りしてしまいました。ただ時間を長くするというのは了解してきました。

たいして戦略にもならない私を使ってもらえるのはとても有難いお話なんですけどね、仕事場の人は誰も知らないけれど最近までひきこもりだったので体力的に自信がまだないんです。

体力作りしよう!

 

72キロ パートの試練

タイトルどおりです。もうほんとムカつく常連さんがいるんですよね。時間にしてみりゃ数分くらいしか接客してないのに、ほんと、なにかと煩いし細かい人なんです。

その人が来るとその日の仕事が一日中憂鬱な気分になるので時間の無駄を感じてます。

ぶっちゃけ気にしなきゃいいだけの話なんでしょうが気持ちって思うように切り替えられないですね。

仕事をするってこういう試練の繰り返しですし、とにかく仕事頑張っていきます!!

 

 

来週末は友人と久しぶりに遊ぶのでそれを楽しみに今日も働いてきます!

 

72キロ 人の痛み

もうすぐ2度目の給料日です。

前回のお給料は父に日頃の感謝の気持ちを込めて出かけたりプレゼントしたりしました。

今回も自分で欲しい物は特にないので家族のためになにか出来たらと思ってます。

残った分は貯金ですね。

引きこもっている長い間、社会人だった頃に貯めた貯金のほとんどを使い切ってしまっているのでまた少しずつでも貯金しないとなぁ。

 

それは兎も角、最近パート先で人間関係のいざこざが見えてきました。きっと多少なりとも業務に慣れてきて周囲を見回す余裕が出てきたのかなぁと。

陰口を言われている方はやはりなんとなく表情が硬いままです。

そういう方の表情を見るのが辛いです。

陰口を聞くのも苦手です。

人のことを悪く言って広める人はそれだけで自分の印象をかなり下げてることに気づいてないと思います。わかってたら堂々と人のこと悪く言えないですもんね。

人の痛みが想像出来ない人は考えようによっては無敵なんですかね、世の中世知辛いです。